life

50歳から考える住まい考

  子育てにも区切りがつき、どのような人生を送って行こうかと改めて考えだすのが、40代後半から、50代前半です。(この年代はちょうど空の巣症候群ともかさなり、一昔まえはクロワッサン症候群などという言葉も流行りました。)

家族のことを中心で、母親として、制約されることも多かったことでしょう。
これからは、ご自身のために、また一緒に生きていくパートナーと、一度きりの人生、悔いのない暮らしをするために、住まいを見直すためには、最適な時期といえるでしょう。

多方面からとエネルギーを必要とする 家の改築やリフォームは、経済的にも身体的にも、余裕のあるこの年代が良い機会といえます。

 今まで、やりたかったことに打ち込みたい、ご夫婦ふたりで有意義な時を過ごしたい、年を重ねた後も、住みやすい家に改築したいーなど、それそれ要望をあげたらきりがなくあるでしょう。

平均寿命から考えると、あと30年から40年。
今まで、我慢したりイライラさせられるところを改善し、心地良く快適な暮らしを楽しみたいですね。